スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私ごとですが 

blogを引っ越しします。

http://tomotebako.blogspot.com/

長い間ご愛読ありがとうございました。
スポンサーサイト
[ 2011/02/07 21:54 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(2)

パティシエール チョコづくり準備編 

もうすぐバレンタインデー。
家にも色めき立っている者が若干一名...。  娘ですw

去年は私と娘達と3人でチョコ作りをしたけれど、
今年は娘と私別々のものを作ろうかなと思っています。
主にバレー関係者に配るのだけれど、今年からお世話になった人(男子)も増えたから、
たくさん作らねばなりません。
もちろん女子にも配ります。
お中元お歳暮状態だなwww

娘はチョコそのものよりむしろデザインにこだわりを見せたい派。
今年は外装にも余念がなく、毎日あーでもないこーでもないととても楽しそう。
ちなみに本命はまだいないらしいw

さて今回のイベントに向けて、娘のたっての希望でこれを買ってみました。

IMG_1627.jpg

TANITA デジタル温度計 ホワイト TT-508-WH

チョコを完璧に湯煎にかけるのに必要なのだとか。
さてどんなのができるかな。
本番は来週です。

[ 2011/02/04 00:25 ] パティシエールへの道 | トラックバック(-) | CM(0)

新しい試み 

明日は小学校での読み聞かせの日。
久しぶりに4年生です。
4年生ともなれば、小学校では高学年。
そこで新しい試みを考え中。
低学年にはちょっと長い絵本を読むために、子ども達へ新しい提案をしたいと思っています。

これまで1年生から4年生を担当してきましたが、
4年生の場合、絵本を見せて読んでいても目をつぶって聞いている子がいたりします。
聞きたくない...というわけではなく、物語を耳で聞いているという感じ。
それを見た時、ああ、4年生になるとこういう事もできるようになるんだなと、ちょっと感動しました。

そんなわけで明日の読み聞かせでは、
あえて「目をつぶって聞いてもいいですよ。」と言ってみようと思います。
小さな事だけど、先生の手前無理矢理前を向いて聞く態度を取っている事から、
少し自由と解放を促す。
「読み聞かせ」という型を作ると、物語りを楽しむ事から離れてしまいがち。
それを少し変えたいなというのが、目をつぶって聞く子を見た時からの私の夢でした。

絵を見せないで子ども達に本を読む。
朗読ですね。
もっと上のクラスになれば、そうゆう事もいずれ取り入れていくと思うので、
少しずつ朗読のためのリサーチも始めています。

一つずつ新しい事を取り入れ、私にしかできない時間を作っていけたらいいな。
とりあえず明日のために練習だー。


[ 2011/02/03 21:06 ] 読み聞かせ | トラックバック(-) | CM(0)

アクリル絵の具 

IMG_1736.jpg

...を買いました。

サクラ アクリルガッシュ12色 

子どもとの粘土タイムで使うためなので、普通の市販品です。
カラー粘土もあるけれど、表面の色づけとかはやっぱり絵の具じゃなくちゃね。
例えばフェイクものだと焦げ目とか、細かいところに使いたい。
これをやる事で、ぐぐっとリアルに近づく...はずw

買ってはみたものの、まだ使いごこちは試してません。
次の週末は予定があるので、早くて再来週か?
うーん、楽しみ!



[ 2011/02/02 22:56 ] アトリエ | トラックバック(-) | CM(0)

どうにもならないこと 

部活を終えた娘を出迎えたら、とても不機嫌な様子...
いつもなら楽しかった一日の事や、空を眺めながら星座を見つけたりするのに、
とてもテンションが低かった。

どうしたのかと尋ねると、「私が妹がよかった」と一言。

...それはどうにもならないよなーと思いながら、少しずつ話を聞いてみた。
どうやら悩みのタネは妹の事で、
家で文句ばかり言ってくるのに、学校ではころりとしたってくる。
その態度が我慢ならないと言うのだ。

確かに母の目から見ても、最近の妹はどんどん強くなっていっている。
優しい姉は、妹を強く怒る事もできず言い負かされているのだ。
妹はある意味利口で、調子が良い。
その事をわかった上で、日々娘達に接しているけれど、
私が見ている時でもそうでない時でも、しょっちゅうケンカをしている。

そこで娘に、母は妹に甘いと思うか?と聞いてみた。
そしたら娘は、そうは思わないと言う。
ぱっと見微笑ましくもある姉妹の争いも、
姉にとっては泣くほど我慢ならないのだろう。
いつもの楽しい帰り道も、今日は娘の流す涙で全然違う帰り道になった。

あなたが妹になる事も、妹が姉になる事もできないけれど、
あなたにしかできない事がある事を、母はちゃんとわかってる。
でも妹にしかできない事がある事も、わかってる。
ちゃんと考えるから、もう泣かないで...と言ってみた。

言ってみたといういうのは、私にも答が見つからなかったから。
姉妹が逆転する事は絶対にないし、どうにもならない事。
だけど、ただ見てるだけではなく母として何かしら手を打たねばならない。
娘と一緒に母も日々成長だな。
がんばろう。
[ 2011/02/02 18:49 ] ブリリアントデイズ | トラックバック(-) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。